Google XML Sitemapsというワードプレスのプラグインを入れる

Google XML Sitemaps プラグイン

こんばんは、ミスターMです。

 

Google XML Sitemapsというワードプレスのプラグインを入れるという事で記事を書いていきます。

 

今回はグーグルサーチコンソールの自動で登録してくれるプラグインはないかと調べていたら、Google XML Sitemapsにたどり着きました。

 

実は他にも同じようなプラグインはあるのですが、個人的にいろいろできるより、1つだけの機能でいいと思い、Google XML Sitemapsを選びました。

 

実際に登録した画面を使いながら説明していきます。

スポンサーリンク

Google XML Sitemapsというワードプレスのプラグインを入れる

プラグインを入れるところから解説していきます。

 

ワードプレスの管理画面です。

 

プラグインのところで新規追加をクリックしてください。

Google XML Sitemaps

プラグインを追加の場面で右側の検索窓にGoogle XML Sitemapsと入力してください。

 

入力したら、エンターを押すと検索始めます。

Google XML Sitemaps

下のような画面になりますので、有効化をクリックしてください。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは設定のところから操作しないといけません。

 

わかりずらいのですが、左下の設定から設定をしていきます。

Google XML Sitemaps

プラグインを入れただけなので下のように検索エンジンには通知されていません

Google XML Sitemaps

記事がなければ記事を書いてもらわないといけませんが、私は記事がありますのでどれでもいいので記事を開きます。

 

いつも公開と最後に押す部分の更新をクリックしてください。

Google XML Sitemaps

更新ボタンを押して先ほどの設定画面に戻ってもらうとこのように変わっているかと思います。

Google XML Sitemaps

今度はグーグルサーチコンソールの設定になります。

 

グーグルサーチコンソールを開き、設定をクリックしてください。

Google XML Sitemaps

私は前のサイトで所有者と認定されていましたが、新しくしましたので再設定します。

 

所有権の確認をクリックしてください。

Google XML Sitemaps

ワードプレスはCocoonを利用していますのでHTMLタグを利用して登録していきます。

Google XML Sitemaps

必要になるのはしたのHTMLのタグになります。

 

後半部分ですね。

 

コピーしたらCocoonの設定に戻ります。

Google XML Sitemaps

Cocoonの設定は下の画面を参考にしてみてください。

Google XML Sitemaps

アクセス解析の部分がありますので、そちらをクリックします。

Google XML Sitemaps

グーグルサーチコンソールIDとありますのでそちらに、先ほどコピーしたコードを入力します。

Google XML Sitemaps

変更をまとめて保存します。

Google XML Sitemaps

下の画面になればOKです。

Google XML Sitemaps

グーグルサーチコンソールにサイトマップを組み込みましょう。

 

グーグルサーチコンソールの設定画面にサイトマップとありますのでこちらをクリックしてください。

Google XML Sitemaps

新しいサイトマップの追加とありますからこちらに、/sitemap.xmlと入力してください。

Google XML Sitemaps

サイトマップの調べ方は下の方法になります。

Google XML Sitemaps

下の画面をコピーします。

Google XML Sitemaps

サイトマップを入力したらOKです

Google XML Sitemaps

作業は以上になります。

 

お疲れ様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました