アドセンスで頑張っている方!外注化は必要?なのかどうかについて

はてな アドセンス

こんばんは、ミスターMです。

今日はアドセンスや特化型サイトを作る時に言われること、「外注化」について書いていきます。

教材を見ていてサイトを作っていると外注化をしましょうと聞いたことがあるかと思います。

なぜ、そのように外注化しましょうと言うのかについて書いていきますね。

スポンサー (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); リンク

アドセンスをしていて外注化は必要か?

いきなりですが、どちらでもいいです。

外注化しようとしまいが、稼ぐことはできます。

月に100万以上稼ぐ方は外注化している方が多いような気がします。

でも、月に10万くらいなら、外注化しなくても稼ぐことはできると思います。

では、なぜ、外注化と言うのかと言うと簡単に稼ぐことができそうだからです。

実際はそうでもありませんし、つかう能力がちがってきます。

ですから、外注化はしてもしなくても稼ぐことはできます。

楽というわけでもありません。

という事だけ覚えておいてください。

外注化のメリット・デメリット

外注化のメリットとデメリットを書いていきますね。

まずはメリット!

自分で記事を書かなくていい

これが一番最初のメリットです。

最大級のメリットですよね。

記事を書くのが苦手な方なんかは特に

では、デメリットですが、結構あります。

・ キーワードを間違うと、収益にならない。

・ 記事の管理などをしないといけない。

これは、コピペの記事ではないかという事を調べないといけない事、ワードプレスにちゃんと投稿されているかなど

・ ライターさんが見つからない。

できるだけ安くで雇いたいのですが、最近、外注化と言われるようになり、なかなかライターが見つかりません。

皆さん、安くでは働きたくないですよね。

・ ライターさんが突然、いなくなる

本当に突然、いなくなることがあります。

俗に言う「バックレ」ですね。

・ お金がかかる

これが一番のデメリットになりますよね。

1記事300円で書いていただき1サイト100記事入れないといけないとアクセスがないといわれているので、単純に3万円かかる計算になります。

お金がない最初の時はかなり痛いのではないでしょか?

まとめ

外注化について書いてきました。

私も最近は外注化していて、このサイト以外はほとんど外注さんに書いていただいております。

しかも、1500文字から2000文字を大体300円で外注しております。

なぜか、投稿して1日くらいで皆さん書いてくれるので、すごく助かっております。

このやり方を見つけたときは、ビックリしましたね。

後は1000文字を30円で募集もしたことがあります。

この時は、チョット時間がかかりましたね。

もし、質問が多ければ記事にするかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました