「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と警告が出た時の作業手順

アドセンス
この記事は約4分で読めます。

こんばんは、ミスターMです。

今回は、前のAdSense(アドセンス)の再審査が必要な場合!の続きみたいなものです。

AdSense(アドセンス)は無事通ったようです、2~3日といったところでしょうか?

よかったよかったなのですが、今度は、このような警告が・・・

う~ん、気持ち悪いですよね!

ネットで調べたら、無視していてもいいとの事ですが、毎回、表示されますのでどうにか消していきたいと思います。

スポンサーリンク

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。の消し方!

それでは、消していくことにしましょう。

実は、Xserver(エックスサーバー)をいじる事になるので、難しいと思われるかもしれませんが、難しくありませんからね~

安心してください。

クリックするとこのような画面に切り替わります。

四角く囲っているところに修正しないといけないサイトのドメイン名が書かれています。

後で、サーバーに書き込まないといけないので、間違わないようにしましょう。

では、ダウンロードしてコードを入手しましょう。

ダウンロードはどこにダウンロードしてもいいのですが、わかりやすいところがいいです。

すぐに使いますしね。

私はPC→ダウンロードに入れました!

adsというファイル名も覚えておきましょう。

OKなら保存をクリックして保存しましょう。

保存した中身を見ていきます。

中身はこのようなメモのなります。

私はメモ帳が勝手に開きました。

google.com,pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

00000のところがあなたの番号になります。

では、これをサーバーに入れていきます。

私は、 Xserver(エックスサーバー) を利用しているので画面が Xserver(エックスサーバー) になります。

Xserver(エックスサーバー) の画面のファイル管理というところをクリックしてください。

ファイル管理をクリックすると

ファイルマネージャーが開きます。

今回、コードを入れるドメインのところをクリックしてください。

クリックするとこのような画面に切り替わります。

また、たくさん表示されるかと思います。

その中に、public_htmlというのがあるはずですので、こちらをクリックしてください。

public_html をクリックすると

アップロードをクリックすると下の画面に切り替わりますので、先ほどダウンロードしたファイルを入れましょう。

私はPC→ダウンロードに入れました。

ファイルを選択するとこのように表示されます。

表示されましたら、アップロードをクリックしてください。

クリックすると、画面に切り替わります。

私はadsというファイルがあったので、今回、新たにダウンロードした際(1)をいれてダウンロードしました。

無事、表示されているので大丈夫ではないでしょうか?

これで、しばらく日にちを置くとします!

お疲れ様でした。

要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 が消えない!

実は、 要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。 が消えませんでした!

う~ん、

なぜに消えない・・・・

思い当たる部分をもう一度、調べてみました。

ら・・・

サーバーにUPするのですが、この保存文字コードに問題があるようです。

ここを変えればOKなのかなと

SJISからUTF-8に変更します。

ただ、これはサーバーの文字コードを変更するやり方なので本当にこれで終わるのか?

疑問です。

という事で、もう少し時間をおいて確認します。

無事できたら、また、報告させていただきます。

まとめ

今回、「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と警告が出た時の作業手順ということで記事を書いてきました。

書いていて簡単なような難しいような・・・

ファイルマネージャーなんかをいじるとなるとドキドキしてしまいますね。

実際はやればできるレベルだと思いますので、頑張ってやってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました